M-line MusicM-line Music3つの見どころハロプロ

M-line Clubの新番組!「M-line Music#1」の3つの見どころ

M-line Music

こんにちわ!あきはこと、秋葉柾谷(@NavigatorMasaya)です 。

今回は2021年8月6日にYouTubeにアップされた動画「M-line Music#1」の見どころを3つ紹介したいと思います。

この記事は「動画が配信された2021年8月当時に見た」という体で極力書いていきます。

その点をご理解の上で読み進めてもらえるとありがたいです。

これを見ると「M-line Music#1」の見どころやポイントをチェックすることができます。

ページの一番下にリンクを貼りました。

最後まで見て興味が沸きましたら、どうかチェックしてみてください。

これは最近ハロー!プロジェクト(ハロプロ)を知ったという方向けに紹介するものです。

本編を見る前に「M-line Music」について知らない、分からないという方は、下のリンクをクリックして「M-line Musicとは」を先に見ることをおすすめします。

見るべし!動画「M-line Music#5」の3つの見どころ
こんにちわ!あきはこと、秋葉柾谷(@NavigatorMasaya)です 。 今回は9月3日にYouTubeにアップされた動画「M-line Music#5」の見どころを3つ紹介したいと思います。 これは最近ハロー!プロジェクト(ハロプロ)...

出演メンバーが多く所属する「M-line Club」についてざっくりと知りたい方はこちらをどうぞ。

【初心者向け】サクッと解説!M-line Clubって何?
こんにちわ!あきはこと、秋葉柾谷(@NavigatorMasaya)です 。 このごろM-line Clubに大きな注目が集まっています。 1月9日に元つばきファクトリーの山岸理子ちゃんがM-line Clubに加入することが公表されました...
広告

見どころ1:「およげ!たいやきくん」

第1回目のMCは夏焼雅ちゃんとBitter&Sweetの長谷川萌美ちゃん。

この2人の共演は珍しいですね。

初めは「M-line Special 2021 〜Make a Wish!〜」からのライブ映像です。

楽曲は、高橋愛ちゃん、田中れいなちゃん、夏焼雅ちゃんによる「およげ!たいやきくん」。

オリジナルは1975年にリリースされ、子門真人さんが渋い声で歌っています。

この3人が歌うと、軽やかで爽やかな感じに聞こえます。

れいなちゃんの低音がよく響いているように聞こえました。

途中で手をひらひらとさせる振付が出てきます。

魚をイメージするかのようでなかなかかわいいです。

このかわいい振付と歌の内容とが大きなギャップになって、これがまた面白いです。

振付は他にもフォーメーションでするものもあって、ちゃんと見せてくれます。

3人の名前を伏せて、USENを中心に楽曲が流れたことで話題になりました。
広告

見どころ2:鈴木愛理×宮本佳林のCOVERS – One on One –

鈴木愛理ちゃんと宮本佳林ちゃんの「COVERS – One on One -」動画が公開されました。

「COVERS – One on One -」はメンバーが1対1のデュオで歌う動画です。

2人が一緒に同じスタジオでレコーディングをしている場面で構成されています。

このレコーディングは編集が一切ない一発録りです。

失敗は許されないという緊張感の中で1対1で歌う動画になっています。

楽曲はJuice=Juiceの『「ひとりで生きられそう」ってそれってねえ、褒めているの?』。

Youtubeにある公式チャンネルで、MV再生回数が圧倒的に多い、人気のある曲です。

冒頭の愛理ちゃんの歌がガツンと響きます。

この力強い歌声で歌の世界にグッと引きつけられます。

一方の佳林ちゃん、高めの歌声で切々と歌いあげています。

1対1なので掛け合いで歌うことになりますが、ズレることなくぴったりとつないでいきます。

サビのユニゾンでは2人の声が1つになって、実にきれいな音になっています。

緊張感はありますが、2人ともきちんと聞かせてくれるのはさすがです。

動画では途中で終わりましたが、ロングバージョンが翌日にアップされています。

℃-uteとJuice=Juice、それぞれの元エースが存分に存在感を見せてくれます。

張り詰めた緊張のなかで、向かい合った2人が歌っていくこの「COVERS – One on One -」。

今後もどういうメンバーでどういう曲をカバーするのか、楽しみです。

広告

見どころ3:小片リサインタビューと宮本佳林ライブ映像

小片リサ「真夜中のドア〜stay with me」インタビュー

2021年6月から活動を再開した小片リサちゃん(りさまる)。

「Far away」に続く2つ目のカバー動画はシティーポップの名曲。

この動画についてのインタビュー映像がアップされています。

やや緊張気味なりさまるですが、歌に対しては細かく述べています。

りさまるの歌に対する取り組みについて聞くのは初めてですが、なかなかしっかりしています。

この映像を見たあとで、動画でインタビュー内容を確かめるのもいいのではないでしょうか。

「Far away」よりも表情が柔らかくなっていて、笑顔も見せてくれます。

宮本佳林「若者ブランド」

「宮本佳林 LIVE 2021春~アマリリス~」からのライブ映像です。

タイトルは「若者ブランド」。

まだ、MVなどにはなっていない曲です。

まず目についたのは佳林ちゃんがバキバキにダンスをするところです。

しなやかに踊るイメージがありますが、バキバキにダンスする佳林ちゃんもいいです。

楽曲はアップテンポで前向きな歌詞が耳に残ります。

この「若者ブランド」ですが、今のところCDに収録される予定はなさそうです。

もっとしっかり聞きたいのですが、今はこの動画で楽しむことにしましょう。


「M-line Music#1」の見どころを3点紹介しました。

本編では触れていませんが、映像の合間にMC2人がトークをしています。

これもなかなか興味深くて耳を傾けたくなります。

「COVERS – One on One -」の映像で「誰と何を歌いたいか」という話になりました。

みやびちゃんが選んだ相手はJuice=Juiceの金澤朋子さん(かなとも)。

何でも「M-line Special」で共演したときに声の相性が良かったからだそうです。

みやびちゃんの艶のある声とかなともの独特の声。

この2つの声が合わさるのを想像するだけでもわくわくしますね。

できることならば実現すると良いのですが。

みやびちゃんの話はこちらから聞くことができます(音声が出ますのでご注意ください)。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「M-line Music#1」に少しでも興味が出てきましたでしょうか。

もし、「興味が出てきた!」という人は下の動画をチェックしてみてください。

これをきっかけにハロプロメンバーだけでなく、「M-line Club」のメンバーたちやビタスイの良さも知ってもらえるとうれしいです。


「あきいろっ! あきはのいろいろ話」はこちらのサーバーを使っています。

タイトルとURLをコピーしました